弁護士無料電話相談の体験談

何かの理由があって弁護士相談に乗ってもらいたい際に頭によぎることがあります。
無料なのか有料なのか?どんな法律事務所を選べば良いのか?ということです。

また弁護士相談をするという行為自体、敷居が高いように感じます。
実際に私が家庭の事情で借金に困っていた際、専門家に依頼しようと決めた時も、実際に面談を決意して行動に移すまでに時間がかかりました。

いろいろ調べてみて分かったことが、無料相談している法律事務所が多いということです。
もちろん有料の法律事務所もあり、大抵は1時間1万円前後でした。

ただ大手の法律事務所も多くが無料面談を行っています。
私自身は自分の納得がいくように、電話で予約した上で、何人かの弁護士に会って面談をしました。

初回の面談は、全ての所で無料でした。
そこから依頼すればお金が発生しますが、それまでは費用は掛かりません。

弁護士相談しに行った際に、契約は誰も無理に勧めてきませんでした。
そこがエステなどとは違うところだなと感じました。

1週間くらいじっくりと考えてみて返事を下さいと言われ、似たような判例や過去の事件等について教えてもらうことが出来ます。
そこはほとんどの事務所が同じような雰囲気でした。

その後は正直自分の直感といいますか、自分と相性が良さそうかどうかにもよると思います。
直接会いに行かなくても、電話やメールでの無料相談ももちろんあります。
メールなら24時間、いつでも質問できるので、仕事が忙しい人などには便利だと思います。

いろいろ試してから決めることが、一番自分も納得できる方法です。

参考:弁護士無料電話相談所

無料電話相談するなら弁護士と行政書士どっち?

借金返済に困った時、いち早く弁護士や司法書士に相談するという姿勢は、とても大事なことです。
一般の方は、抱えこんでしまった借金を、たった一人でさばき切る事は難しいですし、法律などもからんでくる事があります。

自分の有利にことが進むようにするためにも、借金返済についての対策方法は、弁護士などの法律家に意見を求めたり、電話で相談にのってもらうという事がいいのです。

ただ、法律事務所などは、手数料や、成功報酬などもとても高額で手が出ないという先入観をもっている人も多いはずです。
しかし、他にも法律に詳しい方がいます。

それが、行政書士の方達です。
独立して在宅で行政書士の仕事をしている人も多いです。

行政書士というのは、弁護士の方たちのように、実質的に、何かアクションを起こしてお客様の代行として裁判所で争ったり、申請をする業務はしませんが、その前の段階の業務をします。
コンサルタントという要素も多く、主には、お客様の要件を伺い、これからお客様がどんな行動をとったらいいのかという事を教えてくれます。

行政書士といいますが、行政関係の事ばかりの事務ではありません。
私人間の法律業務などにも詳しく、また、会社の設立に関しての無料相談も行えるような職業の方たちです。

国家資格であり、行政法だけではなく、法律にかかわるあらゆる法律、特に六法などを学んだ人でなければ受かりません。
その中でも、私人間のトラブルに関しての民法にも詳しいのです。

About 転ばぬ先の杖