借金が有り苦労をしています

借金があり、毎日返済のためのお金の工面に奮闘しています。
借金持ちとのデメリットが日常において大きく響いてしまい、借金があるために様々な苦労をしています。
借金がある、と他人に言うと意外にも驚かれてしまい、中には借金があるというだけで友達の縁を切ってしまう人もおります。
借金を作ってしまった理由、それはお金にだらしがないから、に尽きます。
真面目に生活をしていたつもりが、友達に頼まれてしまうと断れない性格であり、友達のために尽くして借金を背負うはめになってしまいました。
友達は、こちらが借金を作ってしまったと知るや否や、すぐに縁を切ってどこかへ消えてしまいました。
友達のためを思い借金をしたつもりが、私に残ったのは友達ではなくただ借金のみでした。
借金は消費者金融から借り入れています。
合計で200万円程度でしょうか。
借金苦、との言葉を知ってはいても、株や事業経営に手を出さなければ縁が無い物だとばかり思っていました。
まさか友情から借金に繋がるとは、と今でも自分に呆れてしまいます。
借金があるために、毎日質素な食事をして、娯楽もあまり楽しめずにいます。
友達がゲームセンターで遊んでいても、自分はお金が無いから、と見ているだけで場をしらけさせてしまうことも。
いつか完済する時まで、質素に生活をして自分を省みようと思っています。

 

 

借金で極貧生活

私は独身時代に結構な額の借金がありました。
当時は一人暮らしで給料もとても少なかったので、借金を返済したら全く生活に余裕はありませんでした。
まだ20代だったので友人の結婚式などの冠婚葬祭に呼ばれることも多く、借金を返済しながら他社から借金をするといった悪循環な状態でした。
友人の結婚式や会社の飲み会などがあった月は最悪でした。
もともと家賃や光熱費、借金の返済をしたら残るお金は2、3万円でその中から食費などをねん出していました。
もちろん友人からの誘いなどはほとんど断り、いつの間にか私は付き合いの悪い人とされ、友人からは全く誘われなくなりました。
会社は副業が許されていなかったので副業などをして稼ぐこともできず、かといって就職困難な時代に転職する勇気もなく、とにかくお金をかけずに生活することがばかり考えていました。
まず一番削っていたのが食費です。
一日なるべく1食で過ごし、体が弱っていると思ったら2食食べると言った生活でした。
だいたい月の半分は1食で過ごしていました。
幸い実家からお米がおくられてきたので白米にはこまりませんでした。
ほとんど毎日白米ばかりたべ、たまに徳用で買ったウィンナーをおかずにしていました。
光熱費節約で家ではほとんど電気やガスを使わず、娯楽はもっぱら図書館で借りた本でした。

 

 

借金で家族全員苦しんでいます

妻と子供がいるというのに、欲望にかられ借金を作りました。
それまではそこそこ良い生活をしていたために、妻は専業主婦、子供もやや贅沢を楽しんでおり、借金ができたからといって、突然生活レベルが下がることに妻と子供も耐えられないようです。
よその家庭は週末には外食をするのが当たり前。
それも、ファミレスではなく料亭やバイキング。
しかし我が家では借金のために、食事は具のない30円のうどん。
栄養は偏り、子供は育ち盛りだというのにガリガリです。
給食でなんとか栄養が補えるのが救い。
妻は今更働きに出ようにも、就職先は無く、低賃金のパートも馬鹿らしくてできない、と金持ちとの再婚をほのめかす始末。
自分は、というと水筒に水を入れ、会社で喉を潤し昼食は無し。
朝は安売りのパンを食べ、夜は醤油すら無い卵かけご飯。
子供はよく動くために、すぐに靴がボロボロとなり、靴下にも穴が空き、服も擦り切れてしまうのですがまだ着れる、と服飾品を買い替えません。
妻は化粧をしなくなり、節約を強いられストレスからイライラするようになりました。
家庭を作るならばお金が無くては資格が無い、家庭を作ったならば幸せにしなければならず借金はもってのほか、と今更ながらも思います。
お金は幸せでもあります。
借金をしたばかりに家族全員が不幸となりました。

 

http://www.zithromaxrxonline.net/